トップ » 2015年までのお知らせ » 【デザイン】 設計室便り一覧 » 英国ガーデンのお便り【フットパス 編】
英国ガーデンのお便り【フットパス 編】
エクステリア造園ガーデニング図面CAD設計室からのお便りです。
イングリッシュガーデン特集10回目を迎えました。




〔拡大図〕

〔拡大図〕
他人の牧場を だれでも 歩けるようにしたのが フットパス インターネットで調べてみるとhttp://www.blueecho.net/3-3.html のようなものが ありました。

人は通れても 羊は出られない(キッスンゲート)門です。原理は 人間は直立歩行の2本足 羊は4本ということで 出られない。写真でいうなら 門扉は左が吊り元です。右の柵はUの字の形になっています。そのUの中にいる間に 扉を動かして 出入りするようになっています。(文章で説明するとやたら面倒です)〔拡大図〕


〔拡大図〕

〔拡大図〕

〔拡大図〕
ターナーの絵のような樹木は いたるところ まったく普通にありました。広い牧場ですから 木の高さをそれほど感じませんが 4,50mは優にあります。それが 防風林として 植林され 常にメンテナンスされているようです。〔拡大図〕


〔拡大図〕

〔拡大図〕

〔拡大図〕
この防風林は 多様な樹種です。いろんな樹木を 違う時期に植えているようです。つまり牧場の初めの頃は 単純だったものが 時間がたって 植え替えていくうちに 多様な樹木による防風林ができたのでしょう。ターナーの絵もその自然な美しさを 描いたのだと思いました。

〔拡大図〕

〔拡大図〕

〔拡大図〕

〔拡大図〕

〔拡大図〕

〔拡大図〕
この水車と お店は 観光ポイントとして有名のようです。↑


〔拡大図〕

〔拡大図〕
フットパスで思うことは  世界の中でこんなことを考えだし それを実行する この人たちの素晴らしさである。どこかの国では 他所の国ではこうしていてと 自分の生活や経験から考えることができない人が多く 自分の意見をはっきり言えないことが多い中でイギリス人は しっかりしていると思います。生活を大事にして歴史をリードーしていることは 間違いと思います。 イギリスってすごいですね。t-nan