【保内公園植木祭り】のお便り
皆さんこんにちは。GWはどこかへお出かけになりましたか?
新東名高速やアウトレット、スカイツリー、ダイバーシティー、渋谷ヒカリエなどなど、関東近辺はオープンしたてのスポットがたくさんあってどこへ行こうか迷うほどでした。

今回はGW中に開催された緑のイベント「40周年記念大植木まつり」のお便りです。



植木まつりが行われたのは、新潟県三条市保内の保内緑化センターです。毎年恒例の行事となっており、今年で40周年!歴史のあるイベントなのです。


モクレン
ハナミズキ
5月の旬の花はツツジ。
クルメツツジ、ドウダンツツジ、霧島ツツジなどツツジと言ってもいろいろな種類があります。
モクレンやハナミズキ、シャクナゲなども綺麗にに花をつけていました。


ツツジ
ツツジ
シャクナゲ
三条市保内地区は昔から園芸産業が盛んな地域で、30軒以上の園芸業者が軒を連ねる地域です。
全国でもここまで園芸業者が多い地域は珍しく、植木の里として有名です。



初日の3日はあいにくの雨模様でしたが午前中から訪れる方も多く、傘を差しながら色とりどりの植木や草花を楽しまれていました。
イベント期間中は出展業者が持ち寄った植木をオークションで格安購入することもでき、常連さんもいるほどの人気。紅葉が綺麗なモミジやマツ、ツツジ、ミニ盆栽などが出品されました。
皆さん真剣です!(画像は個人情報保護のため加工しております。)


植木オークションの様子
植木オークションの様子
この他、寄せ植え体験コーナーやお買い物をされた方へ抽選で観葉植物のプレゼントなど、いろいろなイベントが行われました。毎年恒例の行事とあって、常連の方も多いそうです。

出展されている植木の中には、大変立派なものも多数あります。昨年から市長賞などの選考していて、今年の市長賞受賞木は長谷川豊樹園の根上がりのゴヨウマツでした。他多数受賞した植木があり、どれも立派ですね!


三条市長賞:ゴヨウマツ
JAにいがた南蒲賞:アカマツ
保内園芸造園組合賞:モミジ
保内園芸組合賞:ビャクシン
三條新聞社賞:ブナ

出展業者のみなさんはプロですから、育て方やその植木の特徴などいろいろと相談することもできます。好みの色や形を尋ねてみたら、思わぬ植木に巡り合えるかもしれませんね。


緑花木センターを訪れた際には、近くの保内公園もオススメです。
各シーズンごとにイベントが催されたり、温室や緑の相談室、トレッキングコースなど盛りだくさんです。
保内公園のご案内はこちら
緑花木センターでは「植木まつり」が4月〜10月の各月に開催されています。
これから緑が眩しくなる季節です。夏の暑い日差しをすごし易くする植木を探しに行ってみてはいかがですか?