トップ » 2015年までのお知らせ » 【デザイン】 設計室便り一覧 » 英国ガーデンのお便り【バーミンガム市街地 編】
英国ガーデンのお便り【バーミンガム市街地 編】
エクステリア造園ガーデニング図面9万棟の実績。エクステリアCAD設計室からのお便りです。イングリッシュガーデン特集・第18弾!!

バーミンガム市街地〔地図拡大図〕


泊まったホテルの近くの風景です。

〔拡大図〕

〔拡大図〕

〔拡大図〕
朝の出勤時間 駅の近くなのでしょう。会社に急ぐ サラリーマンの姿がありました。
ム!?
松本市で見たような 花いっぱい運動のディスプレイです。

〔拡大図〕

〔拡大図〕

中心部の再開発のようです。シンホニーホールの右となりのガラスで覆われたコンコースです。
(下の写真です)
〔拡大図〕
コンコースを通り抜けると そこに小さい広場があり 現代彫刻がありました。この広場は 運河に面していました。運河に掛かるつり橋には お花が一杯でした。

〔拡大図〕

〔拡大図〕

〔拡大図〕
橋の上から ボートが見えました。イギリスには運河が発達して ボートが全国をゆっくりと めぐる手段となっているとのこと。

〔拡大図〕

〔拡大図〕

このボートは イギリスらしく 美しいですね。

〔拡大図〕

〔拡大図〕

〔拡大図〕
運河をはさんで 新しいお店が いろいろありました。ちょっと目が行ったのは 日本食レストラン。

2階建てバス。やたらモダンな標識。花いっぱい運動のハンギング。イギリスの景気はいいようです。〔拡大図〕






〔拡大図〕

〔拡大図〕

推測の域をでませんが 色のイメージから 夜を楽しくするサインではないでしょうか。
古い建物に紫のドア。赤いネオンのパームツリー。

〔拡大図〕

〔拡大図〕

ハイヤット・ホテルの前の オブジェ。
黄金の3人の像 なんの記念碑なのか わかりません。

バーミンガムのタウンセンター そこには 何か ハイテンションで 派手なデザインはどうも苦手な イギリスを見たような 気がします。