トップ » 2015年までのお知らせ » 【デザイン】 設計室便り一覧 » 英国ガーデンのお便り【モリスの村 編】
英国ガーデンのお便り【モリスの村 編】
エクステリア造園ガーデニング図面9万棟の実績。エクステリアCAD設計室からのお便りです。イングリッシュガーデン特集・第12弾!!




バイブリー村  モリスが絶賛した村です。

バイブリー村はコッツウォルズの南部に位置しています。
全体が牧場の中にあり 一本の川が流れ その川に沿っている ほんとに小さな村である



〔拡大図〕

〔拡大図〕
古いめがね橋です。どうってことないけど なんか カメラを向けたくなるのは どうしてなのか?。

〔拡大図〕

〔拡大図〕
上流にマスの養殖場があるそうです。マスがいました。

〔拡大図〕

〔拡大図〕


〔拡大図〕

〔拡大図〕
木柵が面白い。横の材は木材を裂く形で作られています。柱は 寸法の決まった材料です。横の材を差し込んで しばらくすると 材の乾燥でねじれが起きて しっかりした 柵になるのではと 推測しました。

〔拡大図〕

〔拡大図〕

〔拡大図〕

〔拡大図〕

〔拡大図〕

〔拡大図〕
職人さんたちの 社宅 モリスが褒めたので 有名になって こんな時 かわいい女の子も見にくる観光地に なっています。この女の子は記念写真を撮っていたようです。

〔拡大図〕

〔拡大図〕

ウイリアム・モリスは イギリス人の美意識を 皆が 意識できるように 平明にしてくれたのだと思うのです。彼が作ったものは 職人の伝統の美であり 創造というより伝承だと思うのです。

〔拡大図〕

〔拡大図〕

屋根と壁と開口部がすべて 同じ色で 出来ている。こんな建物は世界で探してもそんなにない。それがカビやコケで色を自然になじませてくる。屋根は自然石のスレートでありながら 鼻先や破風の軽く薄く見えるディテールから威圧感をたたえないデザインになっている。(雨樋は後世の仕事だとおもうのですが)

〔拡大図〕

〔拡大図〕


〔拡大図〕

〔拡大図〕


〔拡大図〕

〔拡大図〕

庭 それも キッチンガーデンです。野菜もきれいな庭をつくることができるのですよ。

〔拡大図〕

〔拡大図〕

〔拡大図〕

〔拡大図〕

〔拡大図〕

〔拡大図〕
だだ ながめてください。

〔拡大図〕

〔拡大図〕

〔拡大図〕