トップ » 2015年までのお知らせ » 【デザイン】 設計室便り一覧 » 英国ガーデンのお便り【ガーデンセンター 編】
英国ガーデンのお便り【ガーデンセンター 編】
エクステリア造園ガーデニング図面CAD設計室からのお便りです。
特集!イングリッシュガーデン第七弾




〔拡大図〕

〔拡大図〕
コッツウォルズには たくさんの牧場があるが 人はそんなにいない。しかし 忽然とガーデンセンターが出現する。
ガーデンセンターは レストランが付き物で お茶やお菓子、スープなどその店の売りがあるそうです。お買い物だけでなく ゆっくりと お茶をして ゆとりを楽しんでいる様子です。〔拡大図〕
売り場は 実際に遣って見せて  こうなればいいでしょうと 育てて ディスプレイも注意深く繊細に レイアウトしています。〔拡大図〕br />
ちょっと 派手目です。コッツウォルズの控えめな庭や建物をみてくると この花の強烈さは ちょっとウザイ感じがするものです。この地に住む人にとっては この派手な花は 気分転換になり 元気になるのでしょうね。〔拡大図〕

〔拡大図〕

〔拡大図〕

〔拡大図〕
商品の展示もセンスの良さ 管理能力の高さなどを感じさせます。お店の信用力が問われるのでしょうね。つた植物が温室の壁にまきついています。このつたも 幾つもの種類を混植していました。とくに この朝顔(実は昼もちゃんと咲いています)がいい。イギリスの庭は 一つ際立つようなデザインは好まない。互いに絡ませて味をだす そんな風情が好きなようですね。

イギリスの庭を作る コニファー。色とりどりの葉物、微妙な色の変化を楽しむには 一つ深呼吸して 心を澄ませて 見たいものです。〔拡大図〕

〔拡大図〕

〔拡大図〕
サンプルとして展示してある植物には ネームプレートが付いています。見て回っていると これがいいと思っても 名前が出なければ 買うに買えない。

〔拡大図〕

〔拡大図〕
展示品に しっかりと ネームプレートがありました。標準化がすすんでいるのでしょう。

〔拡大図〕

〔拡大図〕
ハンギングのディスプレイ 壁を意識させるためなのでしょうか むしろが さがっていました。

写真撮ってはいけなかったのですが 思わずシャッターを押してしまいました。種の展示です。これだけたくさんの種を売っているのを 日本で見たことありません。イギリスの庭を支えている ガーデンセンターや ホームセンターは やはり充実していました。〔拡大図〕t-nan