緑計様 「パティオと五重塔」
aikon
オーセブン・デザイン・コンテスト2009
■■■特別賞 受賞作品■■■   
発表記事はこちら

緑計 多喜三郎様
「 パティオと五重塔 」

作図CAD:バージョン7Art


【Plan Concept】
ヨーロッパ文化と日本文化、異文化の融合を試みとして、パティオと五重塔を組み合わせてみました。パティオはヨーロッパの宮殿建築に広く組み込まれており、特にスペインのアルハンブラ宮殿のパティオはイスラム文化の美の極みと言われ有名です。一方五重塔は中国の重塔とは異なり、日本の仏教文化の象徴的建造物です。異文化の理解を更に深めるためには、形で表すことが最も効果があるのはとの思いです。


NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
【作図感想・創意工夫】
五重塔では、単層な平面図から更に一歩進んで、重層化した平面図を作り、単なる3Dではなく、ボリューム感のある3Dを目指しました。作図についてはユニットレイヤの床と塀を組み合わせただけの単純作業の繰り返しでした。作図のポイントは、数値の設定ですが、数値表を巧く利用し、修正作業も難なくできました。そして、作図をスピーディーに仕上げるためには、編集・表示・加工の各メニューを如何に巧く使うかもポイントでした。(特に、加工メニューの“グループ化”は不可欠でした。)


【オーセブンからのコメント】
昨年に続き、受賞おめでとうございます。「凄い」の一言に尽きる力作でした。


その他の受賞作品一覧はこちら