トップ
バージョン11 » バージョン11.5の特長 » 一歩進んだ「経営者」支援

一歩進んだ「経営者」支援

情報共有が最大のポイント
オーセブンCADは業務管理システムとシームレスに連動。
図面データはもとより、見積り書やスケジュールなど、施工に関するすべての情報を共有することで業務全体を可視化することができます。
リンク先にインタビュー動画がございます。


瞬時に共有、どこからでも見られる 【社内共有編】
 
ClipboardImage

オーセブンCADには強力な業務管理・共有ツール「e-Board One イーボード・ワン」が標準装備。
クラウドスペースの「物件箱」に物件情報を保存することで、
瞬時に共有され、パソコン、タブレット、スマートフォンでどこからでも情報を見ることができます。
現場レベルでの情報共有はもちろん、会社全体を見渡す経営者の方におすすめのツールです。
※2ライセンス以上が必要な場合はオプションの「e-Board」をご導入ください。

どこにいても同じものを瞬時に共有できることが
e-Boardの魅力

総合リフォーム
株式会社キタセツ
代表取締役社長 北川拓様

ご実践事例はこちら





連絡時間・コスト激減 【社外共有編】
 
ClipboardImage

e-Board Oneの「物件箱」は社外の方とも共有できます。
職人さんと特定の情報だけ共有したい、お施主様にこの情報だけ見てほしい、取引先に協力している物件情報だけ見てもらいたいなど、様々なシーンに合わせて設定できます。
e-Boardは物件が増えれば増えるほど、規模が大きくなればなるほど増える連絡コストを大幅に削減してくれます。
ClipboardImage
職人さんと共有するCAD図面で業務の流れが
変わった

エクステリア
株式会社ティーエムアドヴァンス
代表取締役 宇田川 正弘様

ご実践事例はこちら


バージョン11 » バージョン11.5の特長 » 一歩進んだ「経営者」支援