e-Board 導入事例

業務管理ソフトを、実際の現場でどのように活用しているのか聞いてみました


株式会社キタセツ 代表取締役社長 北川拓様
どこにいても同じものが瞬時に共有できることが魅力

株式会社キタセツ 代表取締役社長 北川拓様

導入前には、他社のソフトを使ってスケジュール管理をしていましたが、お客様の情報管理ができないことが悩みでした。e-Boardは、スケジュール管理はもちろん、写真や図面、お客様の打ち合わせ内容など、担当者だけでなく全員が情報共有でき、スマートフォンやiPadなどのタブレットを使って、いつでもどこでも見ることができます。ここが気に入ったところです。また、関連のあるデータを1つの場所に保管できることも魅力の1つでした。





株式会社都市ネット 調査部 主任 吉岡秀之様
他の社員の予定を入力できることで管理がスムーズに

株式会社都市ネット 調査部 主任 吉岡秀之様

会社から社員全員にiPhoneが支給されています。このiPhoneから簡単にどこからでもスケジュール管理ができて、尚且つ共有できることが魅力でした。予定に空きのある社員を見つけ、その場でスケジュールをおさえることができますので、期待どおりのソフトでした。





株式会社峯森工業 代表取締役 峯森猛様
CADと連動して物件が管理できることが魅力

株式会社峯森工業 代表取締役 峯森猛様

一番の理由は、CADと連動していることでした。また、タブレット携帯端末を使って、出先でリアルタイムに見られるところに魅かれて導入しました。現場の職人に地図や写真、図面を見せられるところにも魅力を感じた1つです。





有限会社諒心工業 営業設計部長 正木慎一郎様
スケジュールの共有が無駄な動きを減らす原動力となった

有限会社諒心工業 営業設計部長 正木慎一郎様

外構工事は、表札の取り付けや門扉のメンテナンスなどちょっとした工事が多いため、効率よく社員を動かすことを考えていました。また、事務所では打ち合わせルームが1部屋しかなく、数回バッティングしていました。これらを踏まえ、スケジュールの管理できるソフトはないか探していました。それと同時に、顧客情報でもある、お客様の所在地や対応状況を把握し、外出先からでもわかるようになることが理想でした。





職人編、打合せ編の実用例を漫画でご覧ください